戦国時代の暦は太陰太陽暦

日本では明治6年(1873)1月1日から現在の太陽暦(グレゴリオ暦)が採用されましたが、それ以前の戦国時代などは太陰太陽暦が使われていました。

太陰太陽暦は、月の満ち欠けをもとにした暦(太陰暦)で発 ...

戦国時代の時刻制度

戦国時代は日の出と日没を基準とする「不定時法」が使われていました。

明るい時間帯と暗い時間帯をそれぞれ6等分して一刻(いっとき)としました。
(貞享暦(1684年~)では日の出時刻より36分前の薄 ...

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※河川は1594年から行われた利根川東遷事業以前の推定図。
※江戸時代に入ると古利根川の工事に伴い、武蔵国の東境界線が古利根川から江戸川へ変更される。

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※海岸線は江戸時代の絵図を基に作成。
※参考資料:国立公文書館 デジタルアーカイブ、国土地理院空中写真閲覧サービス

 

スクロー

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※海岸線は江戸時代の国絵図を参考に作成。
※参考資料:デジタルアーカイブ、国土地理院空中写真閲覧サービス

 

尾張国周辺城

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※海岸線は江戸時代の国絵図を参考に作成。山城国の巨椋池は1594年の秀吉による堤工事後としています。
※参考資料:デジタルアーカイブ、国土地理院空中写真閲覧

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※海岸線は江戸時代の国絵図を参考に作成。

※参考資料:デジタルアーカイブ、国土地理院空中写真閲覧サービス

 

スクロー

※スマートフォンはタップせずに拡大表示できます

※海岸線は江戸時代の絵図を基に作成。
※参考資料:国立公文書館 デジタルアーカイブ、国土地理院空中写真閲覧サービス

 

スクロー